精密ギャップスペーサー ハイプレシカ写真
精密ギャップスペーサー ハイプレシカ写真
精密ギャップスペーサー ハイプレシカ用途写真
精密ギャップスペーサー ハイプレシカ写真 精密ギャップスペーサー ハイプレシカ写真 精密ギャップスペーサー ハイプレシカ用途写真

精密ギャップスペーサーハイプレシカ

「ハイプレシカ」は、高純度シリコンアルコキシドを原料とし、ゾルーゲル法により合成した、単分散シリカ(SiO2、Silica、二酸化珪素、Silicon dioxide)粒子です。真球形状で、粒子径がよく揃っており、粗大粒子の含有が少なく、非常にシャープな粒度分布をもっております。また、非常に高純度で、不純物をほとんど含んでおりません。精密ギャップスペーサー用途では、液晶ディスプレー(LCD)やその他ディスプレー、電気・電子デバイスのギャップスペーサーとして利用されています。また、高純度フィラー用途では、半導体封止材や高機能接着剤用のフィラーとして利用されています。

特徴

  • 粒子径が非常によく揃った真球粒子です。
  • 粒子径は0.2um~70umまで対応可能です。
  • 粒子の硬さを調整することが可能です。
  • 不純物をほとんど含まず、非常に高純度です。

開発ストーリー

開発ストーリー

液晶ディスプレー製造に不可欠な
ギャップ制御用スペーサー
「ハイプレシカ」

関連製品